鹿児島市の皆さんへ家は買った方がいい?

2021年03月05日

家選ぶ美

こんにちは^^

 

鹿児島市真砂本町にある不動産屋さん《睦和商事》です(。・ω・)ノ゙

 

すっかり春らしくなってきていますが、昼と夜の寒暖の差で

 

私まわりにも体調を崩している方も多い感じです。

 

今日は、「花粉」がスゴイデス!!

 

鼻水が止まらないorz

 

さて、今日は、「家は買った方がいいの?」を本気で考えてみましょう。

鹿児島市内で家を買ったほうがいい理由

【住宅ローン控除】があります。

 

  新築住宅又は、中古住宅 木造戸建ては、築20年以内・マンションは25年以内

 

   を取得又は、増改築し、返済期間が10年以上の住宅ローンを

  利用している場合に、一定の要件を満たすと住宅ローン控除の適用を

  受けることが出来ます。

  

  住宅ローン控除は、入居した年から10年間、年末時点の住宅ローン残高

  の1%の金額が支払った所得税と翌年の住民税から控除される制度です。

    

  *詳しくは、国税庁のHPを参照ください。☜クリック

   

  

【すまい給付金制度】があります。

 

  すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度

  緩和するために創設した制度です。

  

  住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、

  収入が低いほどその効果が小さくなります。

  すまい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に

  及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる

  負担の軽減をはかるものです。このため、収入によって給付額が変わる仕組み

  となっています。

  

  例えば、消費税8%のとき、収入に応じて最大30万円の受け取りが可能となります。

  また、消費税の増税に伴い最大50万円の受取が可能になるそうです。

  

  詳しくは下記を参照ください。

  *令和3年12月31日までに入居が完了した住宅までになります。

    http://sumai-kyufu.jp/

じゃあ家は、いつ買うの? 今でしょう! 

住宅ローンの金利が安い。これだけの控除等がある。現在、不動産の価格は鹿児島市内においては、

 

一部地域は、高くなっています。しかしながら、私達の商圏である鹿児島市の

 

住宅エリアの上がった額と、控除やすまい給付金、住宅ローン金利を考えると

 

買い時なのかもしれません。

 

買っても問題ないと思います。

 

もし、金利が上がったら、控除が終わる令和4年は?

 

恐らく似たような制度が継続されるのではないかと思いますが・・・・。

 

そもそも年を重ねるってこともマイナスポイントです。

 

40歳の方が3年後、43歳で35年ローン。完済時は78歳。65歳でリタイアしても

 

13年住宅ローンを払うのか?

 

そうならないために、繰上げ返済をする方がほとんどでしょう。

 

25歳の方、60歳です。3年先伸ばしにすると63歳です。そんなことも踏まえると。

 

住宅購入は早いほうがいいと思います。

 

若いときの10万円と、年金暮らしのときの10万円どちらも同じ金額ですが、懐事情が

 

変わると重みが違ってきます。

 

住宅ローン控除や、すまい給付金があることも、住宅購入をおすすめする一つです。

 

現在、住宅・マンション購入・賃貸の住み替えをお考えの皆様

 

一つの選択肢として鹿児島県庁周辺の真砂地区を考えてみて下さい。

その時に役立つのが当社です。

少しでも、不動産に関する疑問・質問などがございましたら、

 

気軽に相談または、ご来店お待ちしております!

 

当社は、鹿児島県宅建協会で無料相談員を永年勤めているベテラン

 

社長が的確にアドバイス致します。

 

一度相談してみませんか?

 

当サイトに掲載されていない物件も当社でご紹介できますので、貴方の気に

 

なる物件を教えて下さい。

 

相談は睦和商事まで

 

099-253-3730

 

川畑 卓也

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

LINEでもご相談承ります。