2021年春も引越し難民問題があるかも?

2021年02月20日

hikkoshi

皆さんこんにちは(*^_^*)

 

鹿児島市真砂本町にある不動産屋さん《睦和商事》です(。・ω・)ノ゙

 

2月20日は、アレルギーの日

 

日本アレルギー協会が1995(平成7)年に制定。

 

1966(昭和41)年のこの日、免疫学者の石坂公成・照子夫妻

 

が、ブタクサによる花粉症の研究からアレルギーを起こす

 

原因となる免疫グロブリンE(lgE)を発見したことを発表

 

した日だそうです。

 

私も花粉症でこれから困る季節なんで・・・

引っ越し難民問題って知っていますか?

近年春になると引っ越し難民という言葉をよく耳に

 

する事が多いと思います。

 

3月中旬から4月上旬にかけて引っ越しする方が多く、引越屋さんが

 

人手とトラックの確保ができずに引っ越しができない・・

 

という事態がたびたび発生しているからです。

コロナの影響はどこまであるのだろう

今年はコロナの影響で企業の人事異動は例年よりも少ないと

 

予測され、引っ越し自体の件数は少なくなると予想されて

 

います。

 

確かに賃貸仲介の状況から考えても社宅案件は昨年よりも

 

減少しているので間違いない流れの一つだと考えられます。

 

それにも関わらず人手不足になるというのは様々な要因がある

 

とは思いますが、肉体労働の人気がない、インターネット通販

 

の活況で宅配便に人手が流れている、その結果トラックが少ない

 

そんな事も要因の一つらしいです。

 

当社でも毎年4月1日が一番鍵の引き渡しが多く、その日だけ

 

たくさんのお客様方に鍵の引き渡しを行います。

 

つまり引っ越しが多い。まぁ単身の方の引っ越しが多いので、

 

家族だけで引っ越しをなさっている場合がほとんどですが、

 

その日は皆さんとても忙しそうです。

 

しかし、ご家族皆さんが引っ越してくるともなるとやはり

 

プロの引っ越し屋さんにお願いするしかないでしょう。

 

転勤の可能性がある方は、お部屋探しはもちろんですが、

 

引越しの段取りを先にされた方が良い場合もあるので、

 

参考にして下さい。

 

ホントは、引っ越し時期を少しずらせれば一番いいのだろうが、

 

現実はなかなか難しいですよね。

 

実際のところ今年はどうなるのか、注目していきたいと思います。

引越しも睦和商事に何でも相談ください♪ 業者さんの紹介もできますよ♪

当社は、「不動産を仲介するのではなくお客様の生活を創造する」を

 

モットーに不動産売買・賃貸・管理や相続・土地利用などコンサル

 

ティング等、お客様の様々なご希望に丁寧に一生懸命お応えする

 

よう宅地建物取引士及び公認不動産コンサルティングマスターの資格

 

を持った経験豊富な社員が行って今年で創業43年になります。

 

様々なご相談内容によっては、弁護士・司法書士・土地家屋調査士等

 

の専門家とタッグを組んでこじれた糸を一つずつ解く様に解決に

 

導いております。

 

これからも「不動産」を通してお客様の人生の一コマに参加させて

 

頂けるような会社でありたいと思います。

 

どうぞ不動産に関する相談事は何でも「睦和商事」に相談ください。

 

睦和商事

 

川畑卓也

LINEでもご相談可能です。 友だち追加お願いします。