鹿児島県の平均年収を基準にしたら・・・

2020年10月27日

住宅ローン1

皆さんこんにちは(*^_^*)

 

鹿児島市真砂本町にある不動産屋さん《睦和商事》です(。・ω・)ノ゙

 

突然ですが、皆さんは、鹿児島県の「平均年収」ってご存じですか?

 

総務省の統計をもとに作成されている「平均年収.JP」さんによると

 

鹿児島県の年収中央値は 354万円 だそうです。

 

参考:鹿児島県の平均年収・年収中央値
 

中央値とは、すべての数字を大きい順に並べた時に、真ん中に来る数字です。


高額所得者が数字を押し上げる平均値よりも、中央値の方が実態に近い数字

 

だと言われています。

では、鹿児島県で一般的な年収350万円の人が住宅ローンを組む場合は、

 

どのような試算になるのでしょうか。

実際に借入が出来る住宅ローンの借入れ額、現実的な返済額を解説していきます。

年収350万円でいくらの借入が可能なのか

最初からちょっと驚きの結論ですが、年収350万円の方が

フラット35で借入を行う場合 2830万円までの借入可能

信用金庫で借入を行う場合   3100万円までの借入可能

 

銀行で借り入れを行う場合   2500万円までの借入可能

となります。

実は同条件でも借入れを行う銀行によって、これだけ差が出てきます。

この差は、銀行が審査を行う際に用いる審査金利の差によるものです。

金融機関は、審査の際、返済比率によって月額の融資返済上限額を設定します。

銀行がお客様に貸し出す融資額を計算する際には、「返済比率」という指標を用います。

返済比率とは、年収に対して年間借入返済額の割合です。
※年収1000万円の人が年間300万円ローン返済をしている ⇒ 返済比率30%


年収400万円未満の場合は返済比率30%、年収400万円以上の場合は返済比率35%が用いられることが多いです。


年収350万円の方の場合、350万円 ÷ 12カ月 × 35% = 87,499円となります。

つまり、月額87,499円以内におさまる金額であれば、銀行は住宅ローンの融資をOKしてくれます。

これは銀行でも信用金庫でも同じです。

 

審査金利の差が借入可能額に差を生みます

では計算上で算出した月額87,499円の返済で、いくら借りることが出来るのか計算してみましょう!

実はここで静岡銀行と信用金庫の違いが出てきます。

その違いが審査金利です。

銀行 ⇒ 3%  /  信用金庫 ⇒ 実行金利 を審査時の計算金利として適用します。


◆銀行で年収350万円の人を審査する場合の条件設定◆

月額返済上限87,499円/年数35年/審査金利3%

この条件で計算を行うと、借入可能額は2270万円になります。


▲信用金庫で年収350万円の人を審査する場合の条件設定▲

月額返済上限87,499円/年数35年/審査金利1%

この条件で計算を行うと、借入可能額は3090万円になります。


審査金利だけの違いですが、借入可能額は800万円以上の差になってしまいます。

このように、住宅ローンの借入可能額は、返済比率と審査金利によって決まっています。

自動車ローンなど他の借入れがある方は注意してください

返済比率を用いて計算した月額返済の上限額87,499円には、

 

住宅ローン以外のローン返済もすべて含まれています。

・自動車ローン

・カードなどのリボ払い

・消費者金融等からの借入

・携帯電話本体代金の分割払いなどなど・・・


住宅ローン以外のローン返済がある場合は、その金額を月額87,499円から差し引かなければ

 

いけませんので、気を付けて下さい。

年収350万円での現実的な借入額はいくらなのか?

銀行が用いる返済比率どおり、年収350万円で月額87,499円を返済できる方はそうそういません。

上記はあくまで、借入可能額を求めるための計算上の数字です。

一般的に、

◆住宅ローンは年収の6倍程度であれば生活に困窮しない。

◆返済比率は25%以内であれば無理なく返済を行える。


と言われています。

年収350万円でいえば、2000万円~2500万円ほどです。

これが月々の返済額から考えた現実的な借入額です。


では実際に、年収350万円の方が2200万円を借入した場合を試算してみましょう。

 

2400万円を借りた場合の返済額を試算

 

住宅ローンには固定金利と変動金利があります。

それぞれの特徴や、どちらを選択するかは別記事で紹介していますので、下記事をご参照ください。

【住宅ローン、変動金利と固定金利のどちらを選ぶべきか悩んでいます】

今回の計算では金利の高い固定金利で計算をすることします。

2020年10月現在、フラット35(全宅連住宅ローン)の金利は

 

1.56%(物件価格の9割以上)です。

2400万円 / 35年 / 固定金利1.56% の条件で計算を行うと、

月額返済 69,000円   返済比率 23.65% となります。


年収350万円の方が借入を行う場合は、これくらいが現実的な返済額および借入額になるでしょう。

ただし、これらはあくまで一般論です。家族構成、年齢、趣味、教育費など各御家庭ごとに

 

支出は異なりますので、自分たちに合った資金計画を行うことが重要です。

住宅ローンの相談から始める不動産売買があります!まずはご相談しませんか?

当社は、「不動産を仲介するのではなくお客様の生活を創造する」をモットーに

 

不動産購入の際は、お客様に寄り添いお客様の様々なご希望に丁寧に一生懸命

 

お応えするよう宅地建物取引士及び公認不動産コンサルティングマスターの資格を持った

 

経験豊富な社員が携わります。

 

今後の生活など様々なご相談内容によっては、金融機関・弁護士・司法書士・土地家屋調査士等の専門家と

 

タッグを組んでこじれた糸を一つずつ解く様に解決に導いております。

 

これからも「不動産」を通してお客様の人生の一コマに参加させて頂けるような会社で

 

ありたいと思います。

 

どうぞ不動産に関する相談事は何でも「睦和商事」に相談ください。

 

睦和商事

 

川畑卓也

ちょっとした相談でも個人情報の入力は出来ることならしたくないって思ってませんか?クリックして友だち追加をお願いします。

住宅ローン シュミレーションはこちらからどうぞ