物件購入までの流れ 融資事前申込~契約編

2018年09月18日

電卓

こんにちは^^

 

鹿児島市真砂本町にある不動産屋業 睦和商事です 

 

昼間はまだまだ暑いですが、だいぶ朝夕が涼しくなってきました。

 

また、日の入り時間も少しずつ

 

早くなってきた今日この頃です。

 

突然ですが皆さんは、家を買うと決めてから手続きまで

 

どれくらいかかるか知っていますか?

 

今日は標準的なご家庭で、一般的な中古物件(戸建て)の購入までの流れを

 

見てみましょう!

 

今日は融資事前申込~契約編​です。

 

前回、書面で購入申出して売主様の承諾を得た場合

 

通常は、ここで一気に契約をすることも可能です。

 

がしかし、いくら契約しても金融機関からお金が借りられなかったら、

 

売主様・買主様両方不幸です。そこで契約前に金融機関でお金が借りられるか

 

どうか見通しを立てるために「事前審査」を利用します。

 

必要書類を準備し用紙に記入して提出します

 

審査期間はおよそ「1週間から2週間くらい」金融機関や申込人

 

季節によって大きく違います。

 

この事前審査がOKになった場合

 

ここで「契約」です。

 

不動産を契約するということは、大まかに2つの書類で構成されます。

 

①重要事項証明書

 

②契約書

 

①の重要事項証明書は、不動産について、取得しようと買主様が あらかじめ

 

知っておくべき最小限の事項を列記したものです。

 

宅地建物取引業法第35条には、宅地建物取引業者の義務として、

 

宅地建物取引士によって書面 を交付して説明しなければならない

 

一定の事項が掲げられており

 

重要事項説明書はこの義務に当たります。

 

②契約書

 

不動産の売買契約書は、高額な資産を対象とした大きな取引ですので

 

一般的には、契約書を作成して取り交わします。

 

また、宅地建物取引業法でも、不動産会社(宅地建物取引業者)に対し、

 

契約が成立したら遅滞なく契約内容を記載した書面を、宅地建物取引士に

 

記名押印させた上で交付することを義務づけています。

 

この2つの説明をしっかり聞いて売主様・買主様双方の署名・捺印することにより

 

契約成立となります。

 

今日はここらでよかどかい(*^_^*)

 

当社は、鹿児島県宅建協会で無料相談員を永年勤めているベテラン

 

社長が的確にアドバイス致します。

 

契約などで困ったことがあれば、一度相談してみませんか?

 

当サイトに掲載されていない物件も当社でご紹介できますので、貴方の気に

 

なる物件を教えて下さい。

 

相談は睦和商事まで

 

099-253-3730

 

川畑 卓也

 

 

 

 

 

 

 

  

契約成立

1

契約成立

11