物件購入までの流れその① 決断~申込編

2018年09月13日

こんにちは^^

 

鹿児島市真砂本町にある不動産屋さん《睦和商事》です(。・ω・)ノ

 

だいぶ朝夕が涼しくなってきました。また、日の入り時間も少しずつ

 

早くなってきた今日この頃です。

 

突然ですが皆さんは、家を買うと決めてから手続きまで

 

どれくらいかかるか知っていますか?

 

今日は標準的なご家庭で、一般的な中古物件(戸建て)の購入までの流れを

 

見てみましょう!

 

例えば今日物件を内見して家族会議を経て「ここに決めた!」とします。

 

決めた

購入を決めたら売主様へ意思表示が必要です。

 

一般的には、「不動産は、早い者勝ち」です。

 

一番目に売主様と交渉する為に、「買います」と書面で意思表示をします。

 

これを「買付証明書」や「購入申込書

 

という形で提出します。

 

☟購入申込書の例

 

購入申込書

住所・氏名や物件の所在・面積や希望の購入金額や住宅ローン特約 ※1

 

などの購入条件を記入します。

 

書面で申出することにより売主様も真剣に検討されます。

 

この申込書で売主様の承諾を得た場合、

 

次の契約及び住宅ローンの事前審査の申込に移ります。

 

続きは次回・・・・

 

※1 住宅ローン特約

   買主が住宅ローン等を利用する場合、借入額の全部または一部について金融機関の

          承認が得られないときは、売買契約を白紙に戻せる(無条件で契約解除できる)

          というもの。この場合、契約時に支払った「手付金」は全額買主に返還される。
        

   SUUMO HPより参照

電卓